PVDとは500℃以下の温度で強固な薄膜を形成させる表面処理技術です。この技術は耐磨耗分野の応用
に注目を呼ぶ原因はターゲットのバイヤスと効率的なイオン化メカニズム技術の結合である。この技
術の応用は据付と航空宇宙と石油化学と食品プロセスと 薬品と電子とその他の過酷な分野にある。
二つの表面処理エンジニアリング分野のサービスに自慢である。一つは陰極 アーク
蒸着(Cathodic Arc Evaporation)、もう一つはアンバランス マグネトロン スパッタリング・br> iUnbalanced Magnetron Sputtering)である。
これらの技術は切削工具と工程用部品の耐酸化性と耐磨耗性と摩擦係数の低減と潤滑特性を画期的に改
善する。の先進的な薄膜技術は薄膜を凄く薄くし、工作物に優れた接着をし、硬度と靭
性をうまく兼ね、200℃ の低い処理温度によって、精密性と品質と生産性と耐久性を保証する。




硬度の改善
高速度鋼と金型用鋼の表面にPVD
を処理すると3?5倍の使用寿命に伸ばす。
工具の公差と品質はちっとも落とさない。


摩擦係数の低減
金型の表面に金属窒化物(TiN,CrN) と潤滑薄膜(DLC,MoS2)をコーテング すると付着と溶着が大幅に低減できる。

生産性のアップ
金属窒化物の薄膜の熱抵抗と耐摩耗性 によって、もっと高い進給率と生産能 率を遂げる。
en-1.jpg (12409 bytes)en-2.jpg (11391 bytes)en-3.jpg (12818 bytes)en-4.jpg (12221 bytes)en-5.jpg (14702 bytes)en-6.jpg (10212 bytes)

en-9.gif (7181 bytes) en-10.gif (10448 bytes) en-11.gif (9332 bytes) en-12.gif (6167 bytes)
en-13.gif (7210 bytes) en-14.gif (8596 bytes) en-15.gif (8729 bytes) en-16.gif (8164 bytes)
TiN, TiC, CrN, TiAlNとDLCは の陰極アーク蒸着とアンバランス マグネトロン 
スパッタリング システムを使っ て、切削工具、成形金型といろんな工程用部品をプレーテングする。

強化された研究開発によって、先進的な潤滑薄膜を運輸、航空宇宙、薬品と食品プロセス工業などの潜
在的な分野への応用は開拓 されつづけておる。

は最新の技術及び合理的な価格で、表面強化技術を日本のお客様にサービス致したいで
ございます。弊社の連絡電話番 号は886-4-23597813;FAX番号は886-4-23597198である。
どうぞ、お気軽にお問い合って下さい。


HEAD OFFICE & FACTORY
17, 41st Road, Taichung Ind. ParkTaichung, Taiwan. (R.O.C.)
Tel:+886-4-23597813    Fax:+886-4-23597198

e-mail: surftech@ms18.hinet.net